葛飾区立石のオシダ眼科クリニック 白内障・緑内障・まぶたの日帰り手術・視能訓練士によるお子様の視力検査、メガネ、コンタクト処方など 目のお悩みはお気楽にご相談ください。

葛飾区立石のオシダ眼科クリニック 眼科手術(白内障・緑内障・まぶた)・視能訓練士によるお子様の視力検査、メガネ、コンタクト処方など お気楽にご相談ください。

クリニックのご案内
introduction

院長プロフィール

忍田太紀 Taiki Oshida, M.D., Ph.D.
略歴
平成10年日本大学医学部卒業
平成10年日本大学医学部眼科学教室
平成15年日本眼科学会認定 眼科専門医
平成16年日本大学大学院卒業 ・ 医学博士
平成17年銚子市立総合病院眼科 医長
平成19年日本大学医学部 助教
平成21年日本眼科学会認定 眼科指導医
平成25年日本大学医学部 兼任講師
オシダ眼科クリニック 院長
平成28年医療法人社団讃紀会 理事長
主な著書
・すぐに役立つ眼科診療の知識 白内障(金原出版)
・人工臓器は、いま(はる書房)
・細隙灯顕微鏡用語活用アトラス辞典(金原出版)
・専門医のための眼科診療クオリファイ
眼救急疾患スクランブル (中山書店)
所属学会
・日本眼科学会・日本角膜学会・日本角膜移植学会・日本眼科手術学会・日本白内障屈折矯正手術学会・日本眼感染症学会・日本眼炎症学会・日本公衆衛生学会

治療方針

当院の診療はすべて眼科専門医によって行われています。最新の医療機器を駆使して正確な診断を行い、その結果をわかりやすく丁寧に患者様にご説明し、患者様と共に生涯にわたる目の健康を守っていくことを目標としております。

検査スタッフ

当院では2名の常勤の視能訓練士(国家資格)が検査・訓練を行っています。

視能訓練士とは

「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格をもった医療技術者です。眼科で医師の指示のもとに視力、視野、屈折、調節、色覚、光覚、眼圧、眼位、眼球運動、瞳孔、涙液、涙道などの検査の他に、超音波、電気生理学、写真の撮影検査などの視能検査を行うと共に、斜視や弱視の訓練治療も行うスペシャリストです。
当院の視能訓練士は、全員が資格取得後に、大学病院や小児専門病院で勤務しており、高度かつ豊富な臨床経験を有しています。

当院について

当院は、昭和59年5月に医学博士忍田紀三郎が忍田眼科(葛飾区立石4-23-18)から独立し、オシダ眼科クリニック(葛飾区立石8-6-10)を開設して以来、昭和64年1月にみなし法人、そして平成5年4月には現在の医療法人社団讃紀会オシダ眼科クリニック(理事長・院長:忍田紀三郎)となりました。
平成23年からは、眼科専門医による2診医療体制を開始し、平成25年4月に院長が医学博士忍田太紀に引き継がれました。平成26年にはクリニックを現在のグレイスカメリア3階に移転し、白内障などの日帰り手術を開始しました。平成29年3月現在、1,000件以上の手術を行ってきました。

ページの先頭へ